ユーザーフレンドリーなスマホ対応ページを格安で制作できます!

無料ご相談お電話はこちらボタンご相談・お見積りお気軽にお電話ください。
受付時間 10:00〜20:00(平日)

スマホ・タブレット対応で差別化!

PC需要を抜き、急激にシェアを拡大するスマホ。最大手検索のgoogleもスマホ対応サイトを優先的に表示する見解を示しました。

スマホ対応の重要性

「スマホ時代」と言われて4〜5年が立ちますが、ホームページのスマホ対応化の必要性はどれほどなのでしょうか?
『スマホなんて一部の若者だけ』と思うかもしれませんが、実は我々業界から見ても驚くべきスピードでPC⇒スマホに需要が流れているのが実情です。

その裏付けとなるデータが総務省から公開されています。

スマホ普及の実情

スマホ保有率とパソコン保有率

スマホ普及率は2013年時点で既に62.6%に達しており、年々その割合を拡大しています。
一方パソコンの普及率は80%程度に落ち着いているので、近い将来PCに追いつく、もしくはスマホがPCを上回ることも予想されています。

スマホ保有率

パソコン保有率

パソコン vs スマホ ネット利用率

2014年にはスマホ+タブレットのインターネット利用率がPCを抜き55.3%となりました。
スマホの回線高速化や画面大型化により一気にモバイル端末でもストレス無くネット閲覧ができる時代になりました。

端末別インターネット利用割合

この調査結果からもスマホ対応は無視できない、むしろスマホをメインに考えなくてはならないほどの重要性があることはご理解いただけるはずです。

現存するホームページ数は日本語ページだけで1億とも100億とも言われ、天文学的数字です。
無数のWebページの中から選ばれ、ユーザーに満足してもらうにはどんな端末からアクセスされても最適化されたユーザーフレンドリーなホームページである必要があります。

私達はホームページ制作の設計段階からスマホ・タブレットでの閲覧を前提に企画・プログラミングを行っていきます。

GoAのスマホサイト

スマホ対応と言ってもその種類や手法は千差万別です。
スマホ専用のURL(/spなど)を用意して切り分けたりする初歩的な対策やPC版サイトをただ縮小しただけの粗悪なものまであります。

私達が使用するのは「レスポンシブ」と言われる手法です。
レスポンシブデザインではPC/スマホで共通のURLを使用でき、アクセスされた端末を瞬時に判断し、表示させる文字サイズや画像サイズを自動的に判別します。
さらに、PCの場合のみ表示させる画像やメニューやスマホの場合のみ電話番号ボタン(クリックコール)を追加する、などのカスタマイズもできて柔軟性が高いのが特徴です。

制作には手間も掛かり、技術力が求められますが「クオリティのためには一切妥協をしない」のスタンスを貫き、弊社で制作するサイトは全てレスポンシブデザインによるスマホ・タブレット対応となっています。

Googleもスマホ対応サイトを評価

2015年3月に検索エンジン最大手Googleよりある公式発表がありました。

「2015年4月21日にスマホ対応ページを優先的に上位表示する」

それまでの「スマホ対応を推奨するが、検索結果には反映しない」という同社の方針を180度変えた声明です。
逆を言えば、検索で表示されないサイトはアクセスも集まらずホームページとしての役割を果たせなくなります。

このように検索観点からもスマホ対応は必須事項となっています。

alarmandroidapplearrow-rightarrow-up2bookmarkcheckbox-checkedclockcloud-uploadcoin-yencryingdatabaseenterenvelopfacebook2feed2file-textfile-text2files-emptyfolder-openforward3google-plus2happyhomeinfoleaflistlocationmicnewspapernotificationofficepencilpencil2phonepoint-rightpoint-upprice-tagprice-tagsquestionquillsearchshareshieldstacktwitter2useruser-checkuser-tiewarningwrench