ホームページにおけるカラーの心理的作用とその重要性とは

無料ご相談お電話はこちらボタンご相談・お見積りお気軽にお電話ください。
受付時間 10:00〜20:00(平日)

カラーがもたらすWebサイトにおける驚くべき心理的作用

Webサイトのカラーには様々な心理的作用が期待され、Webデザインにおける「色のデザイン」は見た目だけではなく、ユーザーを心理的に誘導する効果もあります。

ページカラーの心理的作用

ページカラーの色を示す青空と青い海

あなたは青色を想像してくださいと言われて、どのような「青」を想像しましたか?

あなたはもしかしたら晴れ渡る青空の「青」を想像したかもしれませんね。

ここであなたのお友達に同じ質問をしてみてください。
何人かはあなたと同じように青空の「青」を思い浮かべた事でしょう。

でも、他の何人かのお友達は食品の着色料として使われているような「青」、染め物の藍色の「青」を想像しているかもしれません。

これらの違いは各々の個人の経験や好み、求めているものの違いが要因となって引き起こされます。

色には視覚に頼って生きている人間にとって無くてはならないものです。

特に色は人間に様々な心理的な影響を及ぼし、人々は昔から色を巧みに利用して物作りをしてきました。

ホームページを制作する時にも色はとても重要なもので、
当社のWeb制作業務では色が人々にどのような影響を及ぼすのかを考慮し色の選択をしています。

パソコンのモニターで表現できると言われている1677万色の色の中から適切な色を選び、
あなたのホームページのアクセス数を飛躍的に伸ばすことが可能です。

色が与える心理的影響を利用することで、制作するホームページのターゲット層を選定・集客することができるのです。

また、色を正しく活用することで、
ホームページにアクセスしてくれたお客に何をさせたいのかを誘導することも可能です。

例えば、とある商品をホームページで販売したい場合はどうでしょうか。

売りたい商品に適切かつユーザーの購買欲を上げる色を選んであげる事で、
ユーザーが商品を購入するという行動に誘導することができるのです。

当社のWebデザインでは、常に色が人間に与える心理的影響を考慮し、
それをデザインする事によって集客力と収益の多いWebサイトの制作を実現
させております。

では、具体的に各色にはどのような心的影響があるのでしょうか。

様々なカラーを表す色鉛筆

【青】清涼感・冷静・冷たい・体温の低下や痛み等の緩和
【赤】興奮・警戒心・血圧の上昇
【緑】平和・安心感・癒し・リラックス
【オレンジ】陽気・活発・暖かい・食欲増進
【黄色】希望・楽天・はつらつ・脳の活性化
【紫】高貴・優雅・運動神経や脳の働きを抑制

簡単に挙げるだけで、色にはこんなにもの効果があるのです。
Webデザインにおける色の選定は常に理由が有る事がお分かり頂けたでしょうか。

また、色には組み合わせによって更に効果が高まることも忘れてはいけません。

当社のWebデザインの色の組み合わせのノウハウを活用する事で、
あなたのホームページでユーザーに何を伝えたいのかをアピールすること可能です。

色は文字と違い感じるものです。

あなたのホームページのアクセス数、収益を上げるためには、
「色のデザイン」がとても重要
なことを理解しておきましょう。

alarmandroidapplearrow-rightarrow-up2bookmarkcheckbox-checkedclockcloud-uploadcoin-yencryingdatabaseenterenvelopfacebook2feed2file-textfile-text2files-emptyfolder-openforward3google-plus2happyhomeinfoleaflistlocationmicnewspapernotificationofficepencilpencil2phonepoint-rightpoint-upprice-tagprice-tagsquestionquillsearchshareshieldstacktwitter2useruser-checkuser-tiewarningwrench