Webサイトを読ませる「見出し」と「アイキャッチ」の効果的な使い方とは?

無料ご相談お電話はこちらボタンご相談・お見積りお気軽にお電話ください。
受付時間 10:00〜20:00(平日)

「見出し」や「アイキャッチ」を使ったWebサイトを読ませる効果的な方法

ホームページで実際に読まれているとされているコンテンツは僅か30%であることをご存知ですか?「見出し」や「アイキャッチ」を使って効果的にコンテンツを作成しましょう。

読まれる情報は30%以下?

皆さんはユーザーが実際に読んでいるとされるコンテンツはたったの30%だということを知っていますか?
どれだけ情報価値があるコンテンツがあるとしても、読まれているのはたった3割程度なのです。

この衝撃の事実から私たちが考えなければならないことは、この読まれているとされる30%をいかに目立たせ、収益に繋がるようなコンテンツにするかということです。

ユーザーが実際に読んでいるのが3割であるのなら、逆手にとってユーザーをその3割のコンテンツに誘導させる事を考えれば良いのです。

あなたのホームページコンテンツに1000字の文章があるのなら300字で伝えたい事をまとめ、更にその300字にユーザーを誘導させる必要があります。

伝えたい事を300字でまとめるのは簡単に想像できるかと思いますが、どうやってユーザーを誘導させることができるのでしょうか?
ここでは効果的な二つの方法「見出し」「アイキャッチ画像」について挙げてみたいと思います。

見出しの重要性

見出しの重要性はWEBページも新聞も同じ

見出しは単純に言ってしまえば文章の要約です。
多くのユーザーは見出しを読んで文章の輪郭を判断し、情報価値があるかどうかの判断を行います。

ここでコンテンツの内容からずれていたり、伝えたい事がうまく見出しにまとめられていないとユーザーはすぐに別のサイトへと逃げてしまうことでしょう。
見出しの見た目・内容で本文の印象がガラリと変わるので、見出しは本文と同様に時間をかける必要があります。

また見出しが有った方がコンテンツがよく整理されている印象を受け、ユーザーを逃げさせない効果があると言えます。

アイキャッチ画像について

目を引くアイキャッチ画像を選定するWEB制作者

アイキャッチ画像とは文章のイメージ画像であり、文章の見出しの上に配置することでユーザーの好奇心を引く役割があります。
言わば、コンテンツのサムネイル画像といったところです。

最近ではブログでアイキャッチ画像が多く見られるようになりました。 Webサイトでもアイキャッチ画像はとても重要な役割を担っています。

コンテンツに沿ったアイキャッチ画像をページに配置するだけで、コンテンツの内容へとユーザーを誘導する事ができるのです。
また画像を使うことでコンテンツの内容が文章だけよりも充実しているように見せる効果も考えられます。

このように効果的に「見出し」や「アイキャッチ画像」を使う事によって、ユーザーを本当に見てもらいたいコンテンツに誘導し、収益に繋ぐことができるのです。

alarmandroidapplearrow-rightarrow-up2bookmarkcheckbox-checkedclockcloud-uploadcoin-yencryingdatabaseenterenvelopfacebook2feed2file-textfile-text2files-emptyfolder-openforward3google-plus2happyhomeinfoleaflistlocationmicnewspapernotificationofficepencilpencil2phonepoint-rightpoint-upprice-tagprice-tagsquestionquillsearchshareshieldstacktwitter2useruser-checkuser-tiewarningwrench