キャッチコピーで人を動かしホームページ収益を上げる3つのコツです。

無料ご相談お電話はこちらボタンご相談・お見積りお気軽にお電話ください。
受付時間 10:00〜20:00(平日)

収益を「グッ」と上げる-人を動かすキャッチコピー3つのコツ-

キャッチコピーはWebサイトにおいてもとても重要な役割果たしています。ユーザーの心を掴むキャッチコピーを作るために、頭に入れておきたい3つのコツを公開中です。

収益を生むキャッチコピー

キャッチコピーとはユーザーに渡す名刺のようなもの

キャッチコピーとはあなたのホームページの名刺のようなものです。

一言であなたのWebサイトに何があるのか、何ができるのかをユーザーに伝えなければなりません。

それにはコンテンツの内容を踏まえた上で、たった一言でユーザーの気持ちを掴む必要があります。

キャッチコピーの良し悪しであなたのホームページの収益が左右されるといっても過言ではありません。

大手広告会社ではキャッチコピーを決める際には実に100個以上のアイデアを考えだし、その中から1つ選ぶと言われています。

一言を決める為に一言では語り尽くせない方法を経てキャッチコピーの選定をしているのです。

それではユーザーを引き付ける優れたキャッチコピーとは一体どのようなものなのでしょうか。

1、全く関係のないキーワード同士を組み合わせる

良いキャッチコピーを作る上で、ユーザーの好奇心を揺さぶるような一言を選ぶのは最も重要なポイントです。

例えば、「ホウレンソウを『飲み』続けて恋人ができたその方法」というキャッチコピーがあったとします。

これはホウレンソウの成分をサプリメント化し、ダイエット食品として売り出している商品のキャッチコピーです。

「ホウレンソウ」と「恋人」という一見全く関係のないキーワードを組み合わせる事でユーザーの好奇心を揺さぶる効果があると言えます。

またホウレンソウを「飲む」という表現をすることでキャッチコピーの印象をより一層強くしていると言えるでしょう。

このようにキャッチコピーを作る際には、紹介したいものとは全く関係のないワードを入れることでよりユーザーの好奇心を揺さぶることができます

2、形容詞をうまく使い強調させる

よく見かけるのが「今人気の〜」や「知っておきたい〜」という形容詞をうまく使って、キャッチコピーを更に強調させるというもの。

例えば、コンテンツの内容が「原宿の古着屋ベスト10」だった場合に、「今人気の原宿古着屋ベスト10」と付け加えるだけで、それらしいキャッチコピーになります。

更に注意を引きたい場合は、「最強の原宿古着屋ベスト10」や「破産覚悟の原宿古着屋ベスト10」というような具合に、形容詞を更に強い物にすることでキャッチコピー自体も強調されます。

3、具体的な数字を挙げ、どのような利益があるのかを強調

具体的な利益を数字で示すイメージ

ユーザーにとってどのような利益があるのかを一瞬で理解させる最も効果的な方法です。

例えば、「あなたのウェブサイトで客に2.5秒で購入させる三大原則」など、具体的に数字を使って強調し、文末を「〜3つの方法」や「〜3つのやり方」等で締める事によって、より具体的にユーザーにとってどんな利益があるのかを伝えることができます。

また、「2.5秒」としたように小数点以下の数字を入れる事によって、よりユーザーに確信を持ってもらえる効果もあります。

スピーチのコツとして「今日は3つの出来事をお話したいと思います。」などといった具合に、はじめに伝えたい情報を伝える事で聞く側を飽きさせないコツがあります

キャッチコピーも同じようにはじめに情報量を提示することでユーザーにシンプルで分かりやすいコンテンツなのだと思わせることができるのです。

このようにキャッチコピーはユーザーの好奇心を引くためにホームページ制作においてとても重要なものであることが言えます。

alarmandroidapplearrow-rightarrow-up2bookmarkcheckbox-checkedclockcloud-uploadcoin-yencryingdatabaseenterenvelopfacebook2feed2file-textfile-text2files-emptyfolder-openforward3google-plus2happyhomeinfoleaflistlocationmicnewspapernotificationofficepencilpencil2phonepoint-rightpoint-upprice-tagprice-tagsquestionquillsearchshareshieldstacktwitter2useruser-checkuser-tiewarningwrench