「動的ページ」と「静的ページ」の違いとPHPの説明です

無料ご相談お電話はこちらボタンご相談・お見積りお気軽にお電話ください。
受付時間 10:00〜20:00(平日)

PHPで作成する「動的ページ」とは

Web制作においてよく使われるプログラミング言語「PHP」は動的ページを作成する際に使われ、PHPは実行速度やサーバーに負担をかけにくいことから積極的に使われています。

「PHP」とは

PHPのイメージ画像

ホームページにおいて動的なページを作成したい場合に使うメジャーな言語が「PHP」です。

最近はサイトだけではなくWebアプリケーションにも使われている言語で、ホームページを指定条件によって内容を変更させることができます。

HTMLとCSSのみで作成したホームページが誰がいつアクセスしても内容の変わらない「静的なページ」であるのに対して、PHPをHTML上に埋め込んだホームページは時間・ユーザーの操作等を条件に内容を変えることができる「動的なページ」を実現させます。

この為、PHPは動的ページである必要のある掲示板やチャット・オンラインショップなどの様々なサービスで利用されています

では、一体PHPはどのようなときに役立つのでしょうか。

例えばホームページ上で健康サプリメントなどの商品を売りたいとします。
その健康サプリメントは水曜日に購入すると半額になるという条件があるとします。

もしこの販売ページが静的ページな場合、水曜日に半額で売りたい場合は手動でページの内容を更新しなければなりません。

しかしPHPを利用して動的な販売ページを作成すると、水曜日になった段階でHTML上に埋め込んだPHPがHTMLの内容を勝手に書き換えてくれるのです。

PHPのイメージ画像

また、お問い合わせ用のメールフォームを作成する時にもPHPは活躍します。

内容確認用の自動送信メール

入力必須項目の設定

メールアドレスの確認

など、PHPを使うと、HTMLを扱うようにテキストベースで簡単にできてしまうのです。

他にも会員登録におけるアカウントの処理など、一見難しいプログラム言語で作成しているような処理も比較的簡単にホームページに取り入れることができるのです。

このようにPHPを使えば、その時の条件やリクエストに応じて内容を変える動的なページを作成することができます

PHPではその条件によってHTMLの内容を書き換えることができるので、条件によってホームページの内容を変えたい時にとても便利な言語です。

動的ページを作成するのには他にも使える言語があるのですが、PHPは、

実行速度が速い

テキストベースで使えるので、初心者でも扱いやすい

サーバーに負担をかけにくい

などの理由からメジャーに採用されています。

しかし、一部のサーバーではPHPが利用できないこともありますので、Webサーバーを借りる時は必ずPHPを利用できるか確認するようにしましょう。

alarmandroidapplearrow-rightarrow-up2bookmarkcheckbox-checkedclockcloud-uploadcoin-yencryingdatabaseenterenvelopfacebook2feed2file-textfile-text2files-emptyfolder-openforward3google-plus2happyhomeinfoleaflistlocationmicnewspapernotificationofficepencilpencil2phonepoint-rightpoint-upprice-tagprice-tagsquestionquillsearchshareshieldstacktwitter2useruser-checkuser-tiewarningwrench